ピント調節機能 ケア

ピント調節機能を維持するために!知っておきたい知識と簡単なアイケア方法とは?

女性

こんな悩みありませんか?

  • ものを読む時、つい眉間にシワが寄ってしまう
  • 四六時中、目がしょぼしょぼする
  • 夕方くらいから目に違和感が……
  • 新聞やスマートフォンなど手元の文字が見えにくい
  • ぼやけ、かすみが気になってきた
  • 肩や首のこりに悩まされている

もしひとつでも当てはまったら、ピント調節機能が低下しているかも……。

 

毎日のくっきりを維持していくためには、目のコントラスト感度を高め、ぼやけやかすみ解消をサポートする工夫が必要になってきます。

 

この記事ではアイケアに関する知識を得ていただくとともにピント調節機能をケア・維持するための簡単な方法をご紹介しましょう。

老眼を予防してピント調節力を低下させないための基礎知識

アイケア女性

老眼はいつ頃から始まるの?

老眼という言葉の響き・・・あまり心和むものではないかもしれませんね。

 

目のピント調整力が衰えて手元が見づらくことを一般的に「老眼」と呼ぶのですが、ある程度年齢を重ねると誰にでも訪れる現象なんです。

 

初期の老眼の症状が始まると言われているのはだいたい35歳あたりからと言われています。

  • 夕方になると遠くの風景が見えにくくなる
  • ドライアイのような症状が出やすくなる
  • 首、肩のこりが顕著になってくる

あなたもこんな経験ありませんか?
老眼の特徴は、初期症状があらわれて「そろそろ老眼かな」と感づく人はそれほど多くないということ。
多くの人々は、「ちょっと疲れ目かな?」と軽くみてさらっと流してしまうのです。

老眼の原因

老眼は加齢によって水晶体と毛様体筋の弾力が損なわれるために起こる現象です。

目の断面図

わたしたちの目は、近くを見るとき、ピントを合わせて対象を照準するために毛様体筋を収縮させ水晶体に厚みを出します。

 

いっぽう遠くを見るときは、離れた対象にピントを合わせるため、毛様体筋を緩和させて水晶体を薄くするわけですね。

 

ところが目が老化すると、水晶体と毛様体筋がかたくこわばってピント調整が効きにくくなる――これが老眼のメカニズムなのです。

老眼と疲れ目の違いとは?

老眼と疲れ目を判断する方法というのはあるのでしょうか?
30センチ以下でピントが合うか合わないか・・・これで判断がつきます。

 

近点距離(ピントが合う最短距離)は年齢によって違いがあるとはいえ、近い距離で合わなくなってきたら老眼と考えて過ちません。

年齢別の近点距離(平均)
  • 35歳・・・18センチ
  • 40歳・・・22センチ
  • 45歳・・・28センチ
  • 50歳・・・40センチ
  • 55歳・・・67センチ
  • 60歳・・・100センチ
  • 65歳・・・200センチ
  • 70歳・・・400センチ

参照 老眼の話と近点距離と調節力(メガネのオオツカ)
※ただし近点距離には個人差があります。

夕方遠くが見えづらいのは疲れ目のせい?

日中、仕事でデスクワークをしていて、夕方、帰宅する際、「なんだか遠くが見えづらいなー」と感じたことはありませんか?
ほとんどの方はこれを疲れ目として片付けてしまうようです。

 

目薬のひとつくらいはさすひともいるかもしれませんが、これは疲れ目ではなく明らかにピント調整が衰えている可能性が高いのです。

老眼に関する間違った知識・正しい知識

「老眼は老化に伴う現象である!だから若い人には関係なし!」
間違い

近年、パソコンやスマートフォンが普及し、ブルーライトの光刺激によって老眼の若年化が進んでいます。
自覚のある若い人が増えており、日々のアイケアが関心が集まっているのです。

 

「老眼と遠視は同じものである!」
間違い

老眼と遠視は明らかに別物です。
もともと遠視だった人も、老眼になるケースがあります。
参照 遠視・老眼 - 目の病気百科|参天製薬

 

「老眼鏡を使わないほうがいい!改善どころか症状が進行するだけだ!」
間違い

老眼の症状が出たら、老眼鏡をかけるという選択は間違っていません。
むしろ老眼鏡を利用しないと、必要以上に全身の筋肉をこわばらせてしまい、頭痛や肩こり、激しい疲労感の原因にもなります。

 

 

個人差があるとはいえすべての人が老眼の対象です。老化が自然現象である以上、「見る力」が衰えていくことは避けられません。大切なのは毎日のきめ細かいアイケアではないでしょうか。


 

毎日実践しよう!ピント調節機能を低下させないためのアイケア

アイケアしよう!

 

ピント調節機能を衰えさせないためには毎日のアイケアは欠かせません。
とはいえ実践するにあたってハードルが高すぎると続くものも続きませんよね。
そこでできるだけ簡単に実践できる方法をとりあげてみました。

常に全身の「めぐり」を意識する

生きている以上、老眼は避けられないとはいえ、毎日のケアしだいでは遅らせることも可能です。
そのために毎日の生活で意識したいことは、からだ全体の「めぐり」を良くすること。

 

めぐりがスムーズになることと目の健康は無関係ではありません。
目の周りの筋肉は1日何回くらい動いているか、あなたはご存知でしょうか?

 

・・・10万回です。
目が健全に機能しているときは、10万回も動いています。
だとしたら、めぐりが悪いせいで筋肉がこわばって硬直してしまうと目を守りきれなくなってしまいますよね。

 

だからこそ「めぐり」を良くすることが死活的に大切なのです。
とくにあなたがデスクワークの仕事をされている方なら、体がこわばらないように背伸びをしたり、ストレッチをするようにしましょう。

 

そして帰宅後は、ゆっくりお風呂に入って、就寝前に蒸しタオルで目をあたためると一日の疲れを癒やすことができますよ。

ピント調整を維持するストレッチをする

先ほどご紹介したとおり、目の水晶体と毛様体筋に柔軟性がなくなることで老眼になってしまいます。
そのためにふだんから「運動」させなければいけないわけですね。

 

いちばん簡単な運動は、遠くのピントを合わせて、次に近くもののピントを合わせるストレッチです。
毛様体筋の弾力が維持するうえで役立つでしょう。

 

目のピントを調整するストレッチ

目のピントを調整するストレッチ

眼精疲労ケアのための回転運動

おおきく円を描くイメージで目をぐるぐる回すストレッチです。
時計まわり、反時計まわり、それぞれ1回ずつ行うことで、疲労した目をケアすることができます。
いつでもどこでも出来るので、疲労を感じたらすぐにストレッチをするようにしましょうね。

目の回転運動

眼精疲労・老眼を防止する「目のツボマッサージ」をする

目のまわりには12ヶ所ツボがあることをご存知でしょうか。
いずれも内蔵と密接な関係のある経絡が通っています。
そこを刺激することで、眼精疲労を予防することができるのです。

目のツボイラスト

@攅竹(さんちく)
A陽白(ようはく)
B魚腰(ぎょよう)
C絲竹空(しちくくう)
D上睛明(じょうせいめい)
E睛明(せいめい)
F下睛明(かせいめい)
G承泣(しょうきゅう)
H四白(しはく)
I球後(きゅうご)
J瞳子?(どうしりょう)
K太陽(たいよう)

 

 

12ヶ所のそれぞれに、中指の腹で3回まわし、3秒間やさしく押さえるようにマッサージしましょう。


 

ブルーライトカットメガネで目を保護する

近年、老眼の若年化を加速させている大きな要因はパソコン・スマートフォン・タブレットの長時間利用です。

 

電子機器に使用されているディスプレイにはブルーライトを発するLEDバックライトが利用されており、長時間浴び続けることで目にダメージやストレスを受けることになります。

 

対策として推奨されているのが、ブルーライトをカットするメガネの着用やブルーライトを弱めるスマートフォン用フィルムの利用です。
現在、メガネもフィルムもさまざまな種類のものが販売されています。

 

しかし残念ながら、これらのグッズを使用しても完全にブルーライトをカットすることはできません。
使用しないよりも使用したほうがはるかに良いということですね。

バランスの良い食事を心がける

目の疲れと毎日の食事は、切っても切れない関係があります。
脂っこい料理やファストフードばかり食べていたらどうなるか?
からだの老化が進んで、当然、目にも影響は出てくるでしょう。

 

では目をいたわるためにはどういう食事を心がければいいのでしょう?
バランスのよい食事の基本は魚中心の和食です。
朝昼晩、3食しっかり食べて、全身に、そして目に栄養が行き届くようにしましょう。

 

サプリメント

「3食しっかり食べましょう」と言われても、おいそれと食生活を変えることは難しいですよね。

 

そこで、おすすめしたいのが、目のピントを調整するためのアイケアサプリメントです。
食事では摂りづらい成分を効率よく体内に吸収できるため、とくに目の健康を大切にする方は毎日摂取しています。

目のピント調節機能を維持するための成分とは?

サプリメント

ルテイン

体内に存在する「天然のサングラス」とも言われているルテインは目の奥、網膜の中心にある黄斑部に存在する抗酸化物質です。
ルテインは、パソコンやスマートフォンから発光されるブルーライトを吸収し、目を保護する重要な役割を担っています。
しかし体内で生成されないために、からだの外から摂り込まなくてはなりません。

アントシアニン

抗酸化作用に優れたポリフェノールの一種。
とくにブルーベリー、とりわけ北欧産のビルベリーに含まれているアントシアニンの健康効果が注目されています。
活性酸素によるダメージをやわらげ、疲れ目をケアしてくれるありがたい成分です。

DHA

青魚のなかに多量に含まれる不飽和脂肪酸の一種。
魚油とも呼ばれています。
日常的にDHAを摂取することによってドライアイの予防にもつながります。
DHAは体内では合成することができないため食品から進んで補いたいところ。

アスタキサンチン

サケやイクラ、エビやカニの殻などに多く含まれる赤い色素のこと。
パワフルな抗酸化作用をもち、活性酸素の攻撃からからだを守るはたらきが期待できます。
またアスタキサンチンは眼精疲労ケアやピント調節力の改善に役立つとも。

ビタミン

ビタミンA

ビタミンAが「目のビタミン」とも呼ばれている理由は、目の疲れやドライアイの予防に役立つだけでなく、視覚情報の伝達に欠かせない成分「ロドプシン」を構成する成分だからです。
鶏肉レバーやうなぎに豊富に含まれています

ビタミンB群

豚肉やレバー、発芽玄米などに多く含まれる水溶性ビタミン。
疲労回復に欠かせない成分で、目の疲労回復にも役立ちます。
ビタミンB群は互いにその機能を発揮するため、どれかひとつだけ摂るよりも、全体をバランス良く摂ることが大切です。

ビタミンC

ビタミンCがとくに女性に注目されているのは、美容面でとくに嬉しい作用が期待できるからです。
健康効果も抜群で、めぐりをスムーズにして目のトラブルの予防にも最適。
ちなみに厚労省が発表しているビタミンCの1日摂取目安は100mg。
ビタミンCは一度にたくさん補給するというより、1日数回に分けて摂ったほうが効率が良いでしょう。

 

参照 日本人の食事摂取基準 |厚生労働省

ピント調節&ブルーライト対策サプリメントを選ぶ3つのルール

1.機能性表示食品推奨!

機能性表示食品とは健康食品の販売会社の責任においてエビデンス(科学的根拠)に基づいた機能性を示している食品のこと。
消費者庁長官に機能性の確かな根拠が届け出されたものです。

 

いわゆるトクホとは違って、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありませんが、安全性の高い健康食品である一つの指標といえるでしょう。

 

健康食品は毎日続けていくことで実感できます。
当然安心して摂取できる食品でなければいけません。
同じアイケアサプリメントを選ぶなら機能性表示食品から選んだほうが安心できますよね。

 

参照機能性表示食品に関する情報|消費者庁

2.ルテインが高配合であること!

ルテインとはブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜に含まれる色素成分のこと。
天然のサングラスとも言われているくらいピント調節力とも深い関係があります。

 

また強力な抗酸化作用を持っているためパソコンやスマートフォンから発するブルーライトを吸収し、目を保護してくれるのです。
しかしルテインは人間の体内で合成することができません。
食事やサプリメントで効率的に摂取する必要があるわけですね。

 

ルテインの1日推奨摂取量は10mg。
つまりサプリメントで補うなら10mg/日しっかり摂れる商品を選びたいところです。

3.続けやすい価格帯であること!

サプリメントの中には1万円近いものも存在します。
どれだけ希少な成分が含まれていても家計の負担が大きいと続けたくても続けることができませんよね。

 

毎日続けていくためにもコストパフォーマンスの高いルテインサプリメントを選びたいものです。
当サイトで紹介しているサプリメントは大手健康食品会社の商品で続けやすいものを厳選しました。

 

 

また最近健康食品で問題になっている「最低4回以上の継続をお願いします」といった回数縛りのある商品は除外しています。

 

 

機能性表示食品は消費者が商品を選びやすくするために平成27年4月に開始された制度です。目によさそうなサプリメントはたくさん販売されていますが、目的に合致した高品質の商品を選びたいですよね。「機能性表示食品」と記載されていたらなんとなく安心できませんか?


 

まとめ:目のピント調節の強い味方!本当に頼れるサプリメントを集めてみました!

目をいたわり、ピント調節機能の改善を助けてくれる成分は積極的に摂っていく必要があります。
しかし、十分な摂取量を摂るためには、ふだんの食事で補うのは難しいものがありますよね。

 

とくに機能性関与成分ルテインはブルーライトを吸収し、ぼやけやかすみ解消の強い味方になってくれる存在です。
ありがたいことに毎日手軽に続けやすい価格で高品質・高配合のルテインアイケアサプリが販売されています。

 

その中でも、とくに実感度の高い機能性表示食品から選んでご紹介します。手軽で効果が期待できるサプリメント、あなたも気になりませんか?

 

page top